1.初めに

 本システムは、基本測量及び公共測量で得られた基準点データをインターネットにおいて提供し、国土地理院外部からの利用及び基準点成果等の閲覧を行うためのシステムです。




2.画面構成

  

 本システム画面は、「ヘッダー操作エリア」、「コマンド操作エリア」、「マップ操作エリア」、「選択リスト表示エリア」、「詳細情報表示エリア」にて構成されています。




3.ヘッダー操作エリア
 
  

 @ [トップページに戻る]リンク
  基準点GISシステムTOPページに戻ります。
 A [お問い合わせ]リンク
  国土地理院の基準点GISシステム問い合わせページを開きます。
 B [お知らせ]リンク
  基準点GISシステムに関するお知らせページを開きます。
 C [中心緯度経度]テキストボックスと[移動]ボタン
  中心緯度と中心経度をカンマ区切りで入力し[移動]ボタンを押すと入力した場所へ移動します。
 D [度分秒]ボタン
  以下のように中心北緯と中心統計を入力する入力欄に切り替わります。
  それぞれ度分秒を入力し[移動]ボタンを押すと入力した場所へ移動します。
  [十進]ボタンを押すとCの入力欄に切り替わります。
  
 E [中心位置の十字線]チェックボックス
  マップの中心位置に十字線を表示します。
 F [ポップアップ]チェックボックス
  マップ上に表示された基準点アイコンに対してポップアップ表示を行います。
 G [テキスト情報]チェックボックス
  マップ上に表示された基準点アイコンに対して、基準点コード等テキスト情報を表示します。
 H [使い方]リンク
  ヘルプ画面を表示します。



4.コマンド操作エリア

 1)基準点閲覧メニュー
  @ 検索タブ
   通常検索、詳細検索いずれかを選択します。
  A [検索件数]リスト
   検索最大件数を選択します。
  B [検索]ボタン
   基準点検索処理を実行します。
  C [範囲選択]ボタン
   基準点を選択します。線で囲んだ範囲が対象となります。基準点を検索後、押せるようになります。
  D [取り置き追加]ボタン
   範囲内の基準点を取り置きに追加します。範囲選択後、押せるようになります。このボタンを押した後は[範囲選択]ボタンで作図した図は消滅します。
  E [取り置き削除]ボタン
   範囲内の基準点の取り置きを解除します。範囲選択後、押せるようになります。このボタンを押した後は[範囲選択]ボタンで作図した図は消滅します。
  F [検索結果]エリア
   基本基準点、公共基準点別に、検索処理にヒットした基準点数を表示します。
  G [検索結果をリスト表示]ボタン
   選択リスト表示エリアを表示します。
 1-1)通常検索タブ
   

  検索対象とする基準点の分類グループを選択します。
  @ [基本基準点]チェックボックス
   検索対象とする基本基準点の分類グループを選択します。
  A [公共基準点]チェックボックス
   検索対象とする公共基準点の分類グループを選択します。


 1-2)詳細検索タブ:検索方法:基本基準点
   

以下の条件で絞り込みます。
(*) はあいまい検索(文字包含)が可能です。
テキストで直接入力する項目は「,(カンマ)」区切りによる複数入力が可能です。
等級種別
基準点の等級種別で検索します。
チェックボックスから選択して下さい。複数選択できます。
点名(*)
基準点名で検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
冠字選点番号(*)
冠字選点番号で検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
電子基準点番号
電子基準点番号で検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
uコード(*)
uコードで検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
部号(*)
部号で検索します。
2次メッシュコード
2次メッシュコードで検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
※メッシュコードは完全一致でないと検索できません。
都道府県名(*)
都道府県名で検索します。
直接入力、あるいは「候補」から選択して下さい。
市区町村名(*)
市区町村名で検索します。
直接入力、あるいは「候補」から選択して下さい。
【都道府県-市区町村名:絞込表示】
「都道府県名」をプルダウンから選択すると、該当する都道府県の「市区町村名」が「候補」として絞込表示されます。
※都道府県を選択しないと、市区町村リストは表示されません(件数が大きすぎてリストで表示しきれない場合があるため)。
※検索は、都道府県を選択しなくても、市区町村名を直接入力する事で結果の一覧を表示できます。
図葉名
図葉名で検索します。
検索する文字列を直接入力して下さい。
成果状態
基準点成果情報の「状態」で検索します。
「正常のみ」か「成果不良点を含む」のどちらかを選択してください。
ICタグの有無
「ICタグの有無」で検索します。
品質コード
「品質コード」で検索します。
プルダウンから選択して下さい。
基準点維持の分類
「基準点維持の分類」で検索します。
プルダウンから選択して下さい。
電子基準点取付
「電子基準点取付」で検索します。
プルダウンから選択して下さい。

 1-3)詳細検索タブ:検索方法:基本基準コード
   
基準点コード、あるいは水準点コード(あるいはその両方)を入力します。
それぞれ「追加入力用テキストボックス」と「追加」ボタン、「検索条件ストック用テキストボックス」から構成されます。
入力方法 ※検索対象は「検索条件ストック用テキストボックス」に入っているコードです。
「追加入力用テキストボックス」のコードは対象ではありません。

 1-4)詳細検索タブ:検索方法:公共基準点
   
以下の条件で絞り込みます。
(*) はあいまい検索(文字包含)が可能です。
テキストで直接入力する項目は「,(カンマ)」区切りによる複数入力が可能です。
点名(*)
基準点名で検索します。
助言番号(*)
助言番号で検索します。
成果ID
成果IDで検索します。
「,(カンマ)」区切りによる複数入力が可能です。
計画機関名(*)
計画機関名で検索します。
都道府県名
都道府県名で検索します。
直接入力、あるいは「候補」から選択して下さい。
市区町村名(*)
市区町村名で検索します。
直接入力、あるいは「候補」から選択して下さい。
【都道府県-市区町村名:絞込表示】
「都道府県名」をプルダウンから選択すると、該当する都道府県の「市区町村名」が「候補」として絞込表示されます。
※都道府県を選択しないと、市区町村リストは表示されません(件数が大きすぎてリストで表示しきれない場合があるため)。
※検索は、都道府県を選択しなくても、市区町村名を直接入力する事で結果の一覧を表示できます。
種別
基準点の種別で検索します。
プルダウンから選択して下さい。
等級
基準点の等級で検索します。
プルダウンから選択して下さい。
ICタグの有無
「ICタグの有無」で検索します。
成果状態
成果状態で検索します。
「正常のみ」か「成果停止を含む」のどちらかを選択してください。

 1-5)詳細検索タブ:検索方法:ワンストップサービスIDコード
   
ワンストップサービス用に登録された基準点を検索します。
  1. テキストボックスにワンストップサービスIDコードを入力します。
  2. <検索>ボタンを押すと、処理が実行されます。
    ※IDコードが半角で8文字の大文字英字と数字のみの組み合わせ文字列でない場合は、実行せずにIDコードの再入力を促すダイアログを表示します。
 2)地名検索メニュー
  @ 地名検索機能
   地理院地図システム標準の地名検索機能が利用できます。
   




5.マップ操作エリア

  

 @ [基準点アイコン]
  検索された基準点アイコンが表示されます。
 A [機能]メニュー
  機能メニューが表示されます。
  
 B [作図・ファイル]メニュー
  地理院地図標準の作図機能を呼び出します。
 C [印刷]メニュー
  地理院地図標準の印刷機能を呼び出します。
 D [計測]メニュー
  地理院地図標準の計測機能を呼び出します。
 E [地図切替]メニュー
  表示される地図一覧から地図を選択し、地図の切替を行います。
  
 F [左クリックメニュー]
  基準点アイコンを左クリックした際に操作メニューを表示します。
[詳細情報表示] 基準点の詳細情報を表示します。
[取り置き追加] 検索リストの取り置きチェックをONにします。
[取り置き解除] 検索リストの取り置きチェックをOFFにします。
 G [右クリック]
  右クリックした場所が中心に来るように地図が移動します。




6.詳細情報表示エリア
 1)詳細情報

 【基本基準点】詳細情報  【基本水準点】詳細情報
 
 【公共基準点】詳細情報  【重力点】詳細情報

 @ [基準点属性データ]テキスト表示
  基準点に関する各種属性データが表示されます。
 A [点の記・成果表ダウンロード]アイコン
  点の記、成果表のダウンロードを行います。ログインを行う必要があります。
 B 遠景写真・近景写真ダウロード
  遠景写真、近景写真のダウンロードを行います。ログインを行う必要があります。
 C [成果不良点表示]ボタン
  成果不良状態にある基準点の成果情報を表示します。ログインを行う必要があります。
 D [取り置き]ボタン
  現在表示している基準点を、[検索結果]リスト上で、取り置き状態にします。
 E [解説]リンク
  各基準点属性データを解説したウィンドウを表示します。




7.選択リスト表示エリア
  コマンド操作エリアの[検索結果をリスト表示]ボタンをクリックすると表示されます
  [基本基準点]タブと[公共基準点]タブがあり、[基本基準点]タブを選択すると基本基準点のリストが表示され、KMLファイル出力、
  CSVファイル出力、CSV保存項目設定、謄抄本交付申請書作成、成果表印刷、ワンストップID発行ができます。
  [公共基準点]タブを選択すると公共基準点のリストが表示表示され、KMLファイル出力、謄抄本交付申請書作成、ワンストップID発行ができます。
  

【メニューアイコン】
取り置き 削除ボタンをクリックしても削除しないデータを選択します。
削除(取り置き点以外) 取り置き状態の基準点以外のデータを全て削除します。
※表示中のタブで、かつプルダウンで選択された種類の点のみを対象とします。

一覧表示
現在登録されている基準点情報が一覧表示されます。
【タブによる切り替え】
「基本基準点」「公共基準点」のタブをクリックする事で、表示を切り替える事ができます。
【プルダウン選択による切り替え】
プルダウンから以下を選択する事で、
  • 全て
  • 基準点
  • 水準点
一覧表示を切り替える事ができます。
デフォルトでは「全て」を表示するようになっています。
【操作アイコン】
取り置き 基準点を取り置き状態にします。
詳細情報の表示 指定した基準点の詳細を表示します。
アイコンをクリックすると、「基準点詳細」ウィンドウが表示されます。
配点図確認 指定した基準点を配点図ウィンドウ上で確認します。
【表示項目】
タブによる表示(基本基準点/公共基準点)の切り替えにより、一覧表示される基準点情報の項目が異なります。
タブ:「基本基準点」
プルダウン:「全て/基準点/水準点」(表示項目はどちらも同じです)
基準点コード等級種別冠字選点番号基準点名成果状態現況状態成果品質基準点維持の分類電子基準点取付ワンストップ

タブ:「公共基準点」
プルダウン:「全て/基準点/水準点」(表示項目はどちらも同じです)
成果ID等級種別基準点名助言番号計画機関名称成果状態閲覧・謄本交付の可否成果表の有無点の記の有無ワンストップ備考
基準点詳細表示
一覧リストで<>をクリックすると、「基準点詳細」ウィンドウが開き、選択した基準点の詳細情報が表示されます。
表示される項目は、基準点の種類によって異なります。

保存:CSVファイル
現在一覧表示されている基準点をCSV形式で保存します。
この時、「保存項目設定」にある条件、フォーマットで出力されます。
  1. 一覧が表示された状態で[CSVファイル出力]ボタンをクリックすると、
    -----
    基本基準点の抽出データを保存しますか?
    【CSVファイル】
    -----

    と確認のメッセージが表示されます。
    • <OK>をクリックすると、処理を実行します。
    • <キャンセル>をクリックすると、処理をキャンセルして「選択リスト」に戻ります。
  2. 確認のメッセージが表示されますので、<OK>をクリックします。
  3. 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されますので、「保存」を選択します。
  4. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスで保存先を指定し、<保存>をクリックして下さい。
【保存ファイル名】
デフォルトでは「yyyy_mm_dd_ss_基本基準点.csv」になります。

※公共基準点は当機能がありません。

保存項目設定
保存する際の条件、フォーマットを設定します。
「選択リスト」で[CSV保存項目設定]ボタンをクリックすると、保存項目設定画面が表示されます。
また、この「基準点一覧【保存項目設定】」ウィンドウは、「選択リスト」ウィンドウが閉じられると連動して閉じます。
【基本基準点用フォーマット】
フォーマットは1種類です。(20〜30カラム)
<緯度経度表示>
出力形式をラジオボタンで選択して下さい。
  • DEG:DD.DDDDDDDD (度単位)
  • SEC:SSSSSS.SS (秒単位)
  • DDMMSS.SSSS (度分秒単位)
>をクリックすると、設定したフォーマット情報を保存します。
>をクリックすると、フォーマット情報を初期化します。

※公共基準点は当機能がありません。

保存:KML
現在一覧表示されている基準点をKML形式で保存します。
  1. 一覧が表示された状態で[KMLファイル出力]ボタンをクリックすると、
    -----
    [基本基準点/公共基準点]の抽出データを保存しますか?
    【KMLファイル】
    -----

    と確認のメッセージが表示されます。
    • <OK>をクリックすると、処理を実行します。
    • <キャンセル>をクリックすると、処理をキャンセルして「基準点一覧」に戻ります。
  2. 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されますので、「保存」を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスで保存先を指定し、<保存>をクリックして下さい。

成果表出力 「基本基準点」
現在表示されている基準点の成果表をPDF形式で出力します。
  1. [成果表印刷]ボタンをクリックすると、
    -----
    成果表を出力しますか?
    -----

    と確認のメッセージが表示されます。
    • <OK>をクリックすると、処理を実行します。
    • <キャンセル>をクリックすると、処理をキャンセルして「選択リスト」に戻ります。
  2. 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されますので、「保存」を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスで保存先を指定し、<保存>をクリックして下さい。
【出力項目】
基準点成果表
基準点コード
.
種別
冠字番号
.
基準点名
緯度
経度
標高
X(m)
Y(m)
座標系
縮尺係数

楕円体高
1/5万図名

標高区分
水準点平均成果表
基準点コード種別点名標高(m)1/5万図名
【保存ファイル名】
デフォルトでは「yyyy_mm_dd_hh_mm_ss.pdf」になります。

※公共基準点は当機能がありません。

謄本交付
現在表示されている基準点の謄本申請書を出力します。
  1. [謄抄本交付申請書作成]ボタンをクリックすると、「謄本交付申請書」画面がWebブラウザの別タブで表示されます。
    ■ 申請者情報
    申請者住所、申請者氏名、会社名等、使用目的、郵送時の宛先(郵便番号、住所、氏名、電話番号)を入力します。
    ■ 数量
    数量が全く入力されていない場合、PDF の出力の1枚目の集計はなされません。
    また、集計、基準点のリストに表示される基準点は、以下の通り等級が決まっているので、それ以外の点については(「基準点一覧」に表示されていても)は謄本申請書としては出力されません。
    【謄本交付申請時の種別】
    謄本交付申請書の対象となるのは、以下の等級の基準点のみです。
    h_cdh_nm
    三角点TR1一等三角点
    TR2二等三角点
    TR3三等三角点
    TR4四等三角点
    TR5五等三角点
    TR7復興基準点
    TR8小等三角点
    TRG経緯度原点
    水準点L00基準水準点
    L01一等水準点
    L02二等水準点
    L03三等水準点
    L04道路水準点
    L05準基準水準点
    L06交点
    L07渡海水準点
    L08附属水準点
    L09無号&験潮場固定点
    L0E電子基準点(二等水準点)
    L0F電子基準点(三等水準点)
    L0G水準原点
    多角点TR0三等多角点
    TR9二等多角点
    電子基準点EL0電子基準点
    EL1電子基準点(付)
    重力点GR0基準重力点
    GR1一等重力点
    GR2二等重力点
    磁気点GR0基準磁気点
    MA1一等磁気点
    MA2二等磁気点
    その他TR6図根点
    EK0GNSS固定点
    MPA地殻変動観測点(MPA)
    MPB地殻変動観測点(MPB)
    MPC地殻変動観測点(MPC)
    公共基準点の種別の対応は、以下の通りです。
    種別
    三角点基準点
    復興基準点
    街区三角点
    水準点水準点
    多角点街区多角点
    電子基準点(なし)
    その他その他
    ■ 交付申請書
    処理は、「別紙」に掲載される基準点の集計を行い出力されます。
    測量成果又は、測量記録の種類
    12種類(※)についての数量、単価から算出した手数料が一覧表示されます。
    その種類の申請がない場合は、表示されず、行も詰められます。
    (※)成果又は種類として表示される名称は以下の通りです。
    1. 三角点成果表
    2. 三角点点の記
    3. 水準点成果表
    4. 水準点点の記
    5. 多角点成果表
    6. 多角点点の記
    7. 電子基準点成果表
    8. 電子基準点点の記
    9. 重力点成果表
    10. 重力点点の記
    11. 磁気点成果表
    12. 磁気点点の記
    13. その他成果表
    14. その他点の記
    15. 配点図
    16. 網図
    該当する5万分の1地形図名(基本基準点のみ)
    複数の基準点がある場合、図名が複数になる場合は「別紙の通り」と記載されます。
    助言番号(公共基準点のみ)
    複数の基準点がある場合、「別紙の通り」と記載されます。
    謄本又は抄本名
    謄本のみです。
    数量
    別紙より数量をカウントします。
    単価
    小計
    数量と単価より自動で算出しています。
    枠とフォントの関係より、100万円を超える事はないと見做して設計されています。
    合計
    小計の合計を自動で算出しています。 枠とフォントの関係より、100万円を超える事はないと見做して設計されています。
    ■ 謄本交付用別紙
    1/5万図名または助言番号、等級種別、点名(点コード)、成果、点の記、配点図、網図等について、交付希望のもの全てを表示します。
    • 成果
    • 点の記
    • 配点図
    • 網図
    は、出力前に、数量を指定する事ができます。
    別紙の最後の合計欄には、
    • 三角点は、等級種別の上2桁が、「TR」
    • 水準点は、等級種別の上2桁が、「L0」
    • 電子基準点は、等級種別の上2桁が、「EL」
    • 多角点は、上記以外全て(三角点・水準点・多角点・電子基準点・その他)=「その他」
    で集計された結果が表示されます。
  2. <出力>をクリックすると、「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されますので、「保存」を選択します。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスで保存先を指定し、<保存>をクリックして下さい。
  4. 「謄本交付申請書」を終了する場合は、ウィンドウ右上の<×>ボタン、または<キャンセル>ボタンをクリックして下さい。
【保存ファイル名】
デフォルトでは「yyyy_mm_dd_hh_mm_ss.pdf」になります。
【処理可能件数】
フォームで数量を調整できるようにしている都合上、一度に処理可能な点数は 1000 件までとしています(最大 1000 行の編集フォームが表示されます)。




8.印刷用配点図ウィンドウ
  ブラウザの印刷機能で、用紙サイズの範囲の基準点の印刷を行います。表示する中心座標、縮尺を変更することができます。
  
 @ [用紙サイズ]ドロップダウンリスト
  用紙サイズを選択します。A4横とA3横が選択できます。
 A [印刷]ボタン
  画面に表示されている内容で印刷を開始します。
 B [元の画面に戻る]ボタン
  元の画面に戻ります。




9.謄本交付申請ウィンドウ
  入力した申請者情報、郵送時の宛先、必要な書類の枚数が記入された謄本交付申請のためのPDF書類を出力できます。
  
 @ [出力]ボタン
  入力した申請者情報、郵送時の宛先、必要な書類の枚数が記入された謄本交付申請のためのPDF書類を出力します。
 A [キャンセル]ボタン
  謄本交付申請ウィンドウを閉じます。




10.永久標識・一時標識に関する情報の表示
  [基準点成果等閲覧サービス]ページの[永久標識・一時標識に関する情報の表示]ボタンをクリックすると、
  [永久標識及び一時標識の設置、移転、撤去及び廃点の公開について]画面を表示します。
  
 @ [トップページに戻る]リンク
  [基準点成果等閲覧サービス]ページに戻ります。
 A [都道府県]ドロップダウンリスト
  検索対象の都道府県を選択します。
 B [検索]ボタン
  選択した都道府県の永久標識・一時標識を検索します。
 C 永久標識・一時標識リスト
  検索結果を表示します。